Mac使いの投資家に送る最適なトレード環境づくり

僕は仕事の都合上、普段MacBookProを持ち歩いているのですが、

仕事の合間だったりで、チャート分析したいなーと思ったり、注文したいなーと思っても、

基本的に楽天証券以外の証券会社の株ツールはWindowsのみしか対応していないのでMacではできません。株関連のツールのほとんどはMac非対応ですよね。

専業にはない兼業ゆえの悩みなのですが、普段持ち歩いているMacにトレード環境構築しておけば、何かと便利なので、今回色々と試してトレード環境を構築してみました。

先に結果から言っておくと、

が最強でした。

まずはそれ以外の方法から。

1, 楽天証券のMac Appを使用する(※口座開設はもちろん必須)

楽天証券をメインで使用している方や、チャート分析だったり株価眺めるだけで良ければ、こちらの方法でOKです。

が、僕はSBI証券がメインで、トレードしたいのとトレステとかも使いたかったのでこの方法は却下。

2,  ブートキャンプ

ブートキャンプはMacに標準で備わっているWindowsを入れる機能です。

導入も比較的簡単ですし、お金もかかりません。動作も軽快です。

が、一つ難点がありまして、Macに切り替える際に再起動しないといけません。

それがちょっと面倒なのと、あとSlackなど仕事のツールはMacに入ってるので常に見れる状態でいたいのもあり却下。

3, VirtualBoxを使う

VirtualBoxは仮想化ソフトウェアで、Mac上でWindowsを動かすことができます。

無料で使えるのと、導入も簡単。僕はしばらくこの方法を選んでいました。

が、こちらも一つ難点がありまして、動作が割と重くてもっさりしてる。

1秒を争うトレードにおいてはなかなか致命的。

4, Parallels Desktop 13 for Mac

最終的に行き着いたところがこちら。

VirtualBoxと同じで仮想化ソフトになります。

動作も軽快で、導入も簡単です。

仮想化ソフトにありがちなもっさり感は一切なく、WindowsPCと遜色ないくらいのスピードです。

このソフトで環境整えてからは、出先でストレスになるようなことはなくなりました。

実家に帰省するときや旅行の時なんかもMacだけ持ち歩いて入ればHyperSBIの取引から、トレステでの分析まで全て完結します。

こちらのソフトはオススメなので、Mac使いの方は、是非トレード環境構築に試してみてください。

まとめ

手法 導入 コスト 軽快 柔軟 順位
1, 楽天App 4位
2, ブートキャンプ 3位
3, VirtualBox 2位
4, Parallels Desktop 13 for Mac 1位
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク